僕の選ぶ今年買って良かった物ランキング【2016】

スポンサードリンク

こんにちは、アキです

今年も残すところもう少しですね。早すぎる。そのスピードで歳もとっています…

てことで今年2016年に購入した物で “買って良かった物” でランキング付けしてみました。基本的に山登り関連、撮影関連、その他周辺機器といった感じでしょうかね。それ以外でも良いものだと感じたらランクインしちゃうかもです

 

スポンサードリンク

今年買って良かった物ランキング TOP10

 

【10位】 『 Anker タブレット用スタンド 』


地味に役立つ。というか毎日使うレベル。僕は部屋にテレビを置いていないのでAmazonのプライムビデオで映画なりドラマなりアニメなり毎日のようにタブレットで見ています。最初は立てかけたり手で持って見ていたけど疲れる疲れる。ということでタブレット用のスタンドを購入。YouTubeのめぐみちゃんねるで前に紹介していたのを思い出して購入してみた

スマホを置いたっていい。小さいながらもアルミ製で重量もあり造りもしっかりしていて安定感がある。重量があるので持ち運びには向かないかも

 

 

【9位】 『 Manfrotto PIXI 』


Manfrotto ミニ三脚 PIXI ブラック MTPIXI-B
マンフロット (2013-07-11)
売り上げランキング: 550

ポケットにも突っ込めるミニ三脚。卓上じゃなくて外での使用が多いかな。コンデジRICOH GR2とセットで使っています。このセットで非常に手軽に撮影できる。Manfrottoという三脚でお馴染みのメーカー製だけあってしっかりとした作りだ。小さいながらもクオリティが高い

自由雲台もワンボタンで動かせるので楽に構図調整できる。デメリットと言えば高さが無いくらいだけど、そんなこと承知の上で選ぶ三脚だから問題ない

 

 

【8位】 『 SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM 』


シグマ 30mm F1.4 EX DC デジタル専用 HSM ニコン用
シグマ
売り上げランキング: 203,574

ニコン用の交換レンズの中で数少ない「8枚絞り」のレンズ。マウント変換アダプタを使えばマウント違いの8枚絞りレンズも使えるけど、ニコン用で8枚絞りがあればそれに越したことはないということで購入

SIGMAの30mm F1.4は現在Artシリーズの新しいレンズが出ているので注意。新しい方は「8枚絞り」ではないです。中古で探せばたくさん見つかる。ちなみにこれはDXレンズです

ニコン用のレンズではほとんどのレンズの絞り羽が「奇数」だ。9枚絞りだったら光芒数は18本。7枚絞りだったら14本というように、奇数絞りだと光芒数は2倍になる。偶数の場合は1倍なので「8枚絞り」のレンズを使うと光芒数は8本となる

ダイヤモンド富士の撮影専用に「8本絞り」のレンズが欲しくなった。光芒は18本と8本でガラッと雰囲気が変わる

 

 

【7位】  『 SONY シンセサイザーラジオ ICF-R354M 』


SONY FM/AM PLLシンセサイザーラジオ ICF-R354M ICF-R354M C
ソニー (2015-07-11)
売り上げランキング: 5,319

いわゆる「山ラジオ」です。山奥でも携帯ラジオは聞けるけど、このICF-R354Mはとくに登山用に特化されています。なので普通の携帯ラジオより少し割高です。このラジオは全国の山岳地域を20エリアに分けてプリセットされていて、現在地の山から最適な放送局を選局できる「山エリアコール」を搭載している

この機能が役に立ったかはわからないけど、山伏2000m付近でも聞けました。前は普通のパナソニック製の小型ラジオを持っていったんだけど、選局がダイヤル式なのが駄目だった。ダイヤル式は微調整が難しい。聞きたい周波数にピッタリ合わせられないんだよね。しかも色んな電波拾うから選局中に朝鮮からの音声が入ってきて怖い(笑)そしてさっきのチャンネル聞きたくてもなかなか戻せなくて不便

でもこのソニーのICF-R354Mはデジタル選局だから聞きたい周波数をピタッと決めらる。というか周波数ごとにプリセットボタンに登録されている。カーラジオみたいなもんか、決められた局から選ぶだけみたいな。山用だからか音質も良かった

ナイトハイクではラジオ必須です。怖すぎる。山伏へのナイトハイクでは欠かせません。熊よけにもなるようなので単独登山者はラジオの携帯はおすすめです。登山客の多い山だとラジオの音が嫌いな人などいるので注意です

 

 

【6位】 『 THERMAREST Zライト ソル 』


避難小屋での宿泊用に買いました。銀マットの高級版。夏とは言え2000m近くの山奥の夜は冷えます。夏用シュラフだけだと寒いし、もちろんクッションも欲しいってことでTHERMAREST Zライト ソルを選んだ。これが丁度いいサイズ。使用した感じも悪くない。快適に眠れそう

黄色の面が上なのか銀の面が上なのかで悩んだ。僕は直感的に黄色の面が上だと思っていましたが公式の動画では銀の面を上にして使用しています。銀マットとか言うくらいだし銀が上でいいのか

 

くるくる巻くタイプのマットだと広げた時に端がクルンってなりませんか?なのでお風呂の蓋のようにパタパタ畳むタイプの方が良いと思います

快適なので車中泊用にキレイなのをもう一個買って車に常備しています。しょっちゅう車中泊するわけじゃないし車中泊用のかさ張るマットよりもコンパクトなTHERMAREST Zライト ソルでいいやって感じで

 

 

【5位】 『 JETBOIL ZIP 』


JETBOIL(ジェットボイル) バーナー ZIPジップ ブラック 1824325 BK 【日本正規品】 PSマーク取得品
JETBOIL(ジェットボイル) (2012-02-15)
売り上げランキング: 6,971

JETBOILは革新的でした。今まではよくあるプリムスのガスストーブを使ってたんだけど、沸騰する速さがJETBOILの方が断然速い。容量は一人での使用だったら容量0.8Lの「ZIP」が丁度いい

こちらの記事で少し登場しています

高山での着火はファイヤースターターがおすすめ!標高3000mで使ってみたよ

2016.08.26

クッカー自体が保温効果があったりストーブも熱効率の良い構造になっている。そして何よりもクッカーとストーブが一体化する。だからなんだって感じだけど合体する。倒しにくくなるのかな?そして他のクッカーも使えるようにできるゴトクも付属。フライパンで調理もできますね。僕はお湯を沸かすだけですが。コーヒー、スープ、カップ麺だとかね

そしてガスカートリッジ含めた付属品が全部キレイにクッカー内に収納できちゃいます。コンパクトにまとまるのでザック内の整理に役立ってくれます

風よけなんか無くてもへっちゃらそうなJETBOIL。これは買って良かった

 

 

【4位】 『 Manfrotto Befree 』


Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ 4段 ボール雲台キット MKBFRA4-BH
マンフロット (2013-06-17)
売り上げランキング: 5,550

登山用の三脚として購入した。以前のVelbon UT-43Qだと耐荷重が頼りなくて不安定だったのでManfrottoのBefreeにした。こちらは耐荷重4kgなのでフルサイズカメラでも常用できるレベルだ

使ってみた記事もあるのでよかったら見ていってください

登山用三脚にマンフロット Befreeがおすすめな理由!買ってみたのでレビューするよ

2016.09.14

そして最近、「Manfrotto Befree live」というのが発売された。三脚部分は従来のものと多分同じ。雲台部分が新しい小型なビデオ雲台になったものだ。写真メインだからとくに必要はないかな

 

 

【3位】 『 SAMYANG 14mm F2.8 Aspherical IF AE 』


サムヤンと言えば広角レンズでお馴染みの人達もいるかと。マイナーメーカーだけど安く画質もそこそこの評判のために使っている人は地味に多いはず。純正だったら20万くらいする「14mm F2.8」が安く手に入る。もちろん安いのにも理由はあります、作りがチープだったり、マニュアルレンズだったりと

広角レンズを多用はしないけど「飛び道具」として持っておきたいって人におすすめですね。コスパの割に良いレンズ

こちらの記事にも紹介しています

フルサイズ初心者が揃えやすいコスパ重視のおすすめレンズ

2016.12.28

 

 

【2位】 『 RICOH GR2 』


買ってからずっと暫定1位だったんだけどなーGR2は。車買っちゃったもんで2位に(汗)

コンデジでありながらAPS-Cセンサー搭載で一眼レベルの写真が撮れます。これはマジでスナップ撮影が捗る。ブロガーならGR2でなくても “高級コンデジ” はおすすめですね。僕は本来はタイムラプス用のカメラとして購入したものだったけど常用カメラになりました

もちろんタイムラプス専用機としてもポテンシャルも秘めています。タイムラプスについては別の記事で紹介してます

RICOH GR2がタイムラプス専用機におすすめな3つの理由

2016.10.07

ポケットサイズのコンデジなのにとにかく画質が良い。記録用からブログ用までパシャパシャ撮っちゃいます。一眼レフは気軽にスナップ撮影するにはちょっとかさ張るんですよね。iPhoneのカメラもそこそこだけど所詮は綺麗なスマホカメラ止まり

マジで最強のスナップシューターを手に入れました。2017年は大いに活躍してくれるはず

 

 

【1位】 『 SUZUKI SOLIO BANDIT 』


 

車買っちゃいました。僕の理想のちょうどいいサイズがソリオだけだったので即決。僕の生活上で駐車スペースの関係上、選ぶならコンパクトカーか軽かって感じ。何気にソリオがこの見た目でコンパクトカーと同等かむしろ小さいくらいの全長と車幅でビックリ。Nboxの横幅をすこーし広げたくらいな見た目

フリードとかシエンタは一回り大きくなっちゃうし。同じスズキから出てたコンパクトクロスオーバーを名乗るイグニスも最初は候補でした。多少の走破性は魅力的だった。ハスラーの普通車バージョンみたいな。でも「ふたり登山」の機会も多いので車内の広さを優先してソリオに決めた。二人分の登山用の荷物載せたりその他の荷物あると広い方がいいよね

あとはシートがフラットになるのが嬉しい。がっつり寝られる。今までのリクライニングを倒すだけとは違う。手足伸ばして寝られると全然違う。というかコンパクトカーってフルフラットにならない車種多いですよね。軽でもできることなのに

そして納車待ちの期間にまさかのソリオの新型が発表(笑)エンジンだけ変わってマイルドハイブリットがフルハイブリットになっただけだったけど。それに加えてトヨタからソリオそっくりなのが2車種も出た(笑)でもソリオで良かったと思っている

そして早々にスタッドレスとホイールも購入。チェーンも買っちゃいました。これで年末年始は安心して色んな場所へ撮影や旅行に行けます

 

ってところで

 

悲しいお知らせ…

 

 

 

 

おいぃぃぃいいいいい( ;∀;)

納車から二ヶ月経とうという頃です

駐車場に停めている間にぶつけられました。夜勤前に寝ていたときですよ

常習的に駐車場内を通り抜けしていたオバサンがぶつけていきました。すぐ近所だし逃げなかっただけマシか。とはいえ何故にこのタイミングなんだよ!せめて新車に替える前にしてくれよ

というかこのタイミングで修理に出したのは良いものの修理に入るのは年明け…。それまでずっとレンタカーという。無理に探してもらってスタッドレスのレンタカーは確保できたとは言え、楽しみにしていた年末年始はずっとレンタカーですわ、悲しい。正月旅行は気が晴れないな、撮影行くモチベーションはだだ下がりだ

僕は知らなかったけど、例のオバサンは前々から駐車場内を「通り抜け」していて近所の方から注意も受けていたらしい。しかもその駐車場の契約者ですらない。そして今回、僕の新車に突っ込むことで「言わんこっちゃない」という状況に。これに懲りて止めてくれれば良いのだけど…

うちの駐車場、ベンツとレクサスも停まってるけどそっちにぶつければ良かったのにな(白目)

僕は一円も出さないとは言え切なすぎます…直れば済むって話ではない。年末年始の計画がパーですよ…

とはいえソリオは良い車です。堂々の第一位!早く帰ってきてねー

 

 

【番外編】今年買ったけど使っていない物

 

Nikon スピードライト SB-700


Nikon フラッシュ スピードライト SB-700
ニコン (2010-11-26)
売り上げランキング: 5,650

風景写真だけどスピードライトを使って撮ってみたいイメージがあったんだけどね。ちょうどブログ作りを始めたらその機会を逃してしまった。なので次の機会にってことで余り使っていない

でもスピードライトあれば撮影の幅が広がるな。人の撮影なんか捗るだろうし。光の当て方も勉強したいところです

 

まとめ:今年は大きい買い物したなー

もちろん一括で(キリッ

2017年こそはD810の後継機出ないのかな。カメラ本体のステップアップでモチベーションを上げ直したいところなんだけど

あ、ドライブレコーダーも付けたいな。もう何があるかわからないし。自分が安全運転しててもいろいろ巻き込まれてしまうわけだし。今回に関しては僕は乗ってすらいない時だったし(笑)怖い怖い

まとめが雑ですが、以上が僕が今年買って良かったものランキングでした

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

記事を最後まで読んでくれてありがとうございます! 静岡在住。今年で31歳の “撮り富士” 。写真を撮る上で学んだ知識、雑学、役立ち情報などを記事にしています。写真が目的の山登りも始めたので登山情報も扱っております。よかったら他の記事も読んでいってくださいね。