【閲覧注意】まぼろし博覧会!伊豆の珍スポットで精神崩壊しかけた

こんにちは、静岡県伊東市へとプチ旅行してきましたアキです。

伊豆にはB級スポットと呼ばれる珍スポットがいくつか存在しています。この日は熱海秘宝館」、「まぼろし博覧会」、「怪しい少年少女秘密基地」、「ねこの博物館というB級スポット巡りをしました。

すべて共通していたのが “良い感じの廃れ具合” といったところ。なんとも言えないクオリティにゾクゾクします。廃墟のような雰囲気が好きな人には良いかも。

今回、紹介するのは「まぼろし博覧会」です。

まぼろし博覧会とは

館長は「セーラちゃん」という何かのコスプレをしている方である。

どんな所かなんて一言では現せない。ただただカオスだ。昭和の骨董品やマニアックな物からガラクタまでを集めたようなスポットでした。

何が何だかわからない気持ちになります。

テレビの「嵐にしやがれ」できゃりーぱみゅぱみゅが紹介したり、他にもバンドのR指定やアーバンギャルドが訪れているようです。アーバンギャルドは何気にアルバム一枚持っています。

全て撮影自由!

園内は複数のエリアに別れていてそれぞれのエリアに「テーマ」がある。エリアごとに分けて紹介します。そしてなんと「撮影は自由」とのこと。撮り放題してきました。

スポンサードリンク

入園前からカオス

車で駐車場へと入った瞬間に “異様感” が溢れ出ていました。「やば!」としか言葉が出てこない。マジで。開いてるの?って思った。

マネキンがお出迎えしています。

ハイテンションな恐竜もお出迎え。

入園前からこのテンションですよ。先が心配になるよね。

他の写真はギャラリーページにまとめてあります。

密林にたたずむ大仏と古代文明

チケット売り場の従業員さんに「まずこのエリアから見て下さい。」と案内された。テーマは「密林にたたずむ古代文明」なんだそうだ。完全に植物園の跡地かなにかだ。

アイツの存在感と来たらもうね。

まずまずなカオスでジャブをかましてきます。

まず入っていって一番気になるのは、あのでっかい顔だ。デカい。あいつの存在感がヤバいがそれ以外もすでに十分カオス。何処にいてもあの顔が目に入る。

阿吽?これもデカいよ。

世界各国の美女模型。丸見え!

阿吽の神様?もありますがこれはビジュアル系バンド「R指定」のコンサートセットの一部みたいです。あのでっかい顔の主は聖徳太子だそうな。

昭和の時代を通り抜け

世代の人だったら懐かしく感じるだろう。名前の通り「昭和の時代」を再現したエリアだ。僕にはピンと来なかったけどね。

昭和の香りのするミニチュア戦闘機。

戦時中のね。あれだよね。子供の。あれ。

なんかこの辺りからエロいのが増えてきた。マネキンが無駄にエロい。嫌いじゃない。圧倒的な不気味さに包まれた空間で不意にエロがあると何か安心するという。

昭和から存在した「黒髪ぱっつん」の需要。

無駄に乳出してんの。

昭和と何の関係があるんだってものまで転がっている。昭和グッズで固められているかと思いきや、相変わらずのカオス感が。

ほんとに異様な雰囲気。世代の人には懐かしいのだろうけどカオスだ。

懐かしいだろう?

ほんとに昭和か。

全体的に見たらこの昭和のエリアだけはちゃんと “見れる” レベル。それなりに綺麗に展示されていて「見せよう」って気持ちが伝わる。多少カオスだけどね。

悪酔い横町(未確認生物)

テーマもよくわからない。悪酔い横町と言うだけあってかなりの “悪ノリ” なエリアである。ここで精神力と体力を持っていかれるので要注意。

ペンギンエリアで癒やされます。

なんで集めちゃうの。こんな物。

ただただカオス。意味の分からない物しかない。時折ホラーな物体もあったり、ペンギンエリアがあったりとひたすらカオスな世界が広がります。どこから仕入れるんだって物ばかり。

マジでカオス。

巨乳横綱。鬼カオス。

本当このエリアがなかなかのボリューム。ここは砂ぼこりとか舞うからマスクして来るといいよ。

マジで呪われてそう。

廃墟っぽくてゾクゾクする。

このエリアが終わった段階で「結構ボリュームあったねー」と終わった気でいたらまだ一つエリアが残っていた。この時点でだいぶ精神的にキツいところがあったな(笑)ほんとカオス過ぎる。

魔界神社 祭礼のゆうべ

「まだあるのかー」と最後に入ったのが魔界神社とかいうホラーチックなエリア。5分もかからないような “プチお化け屋敷” もあった。

相変わらずカオスだね。

なん…だと…?

魔界神社とは一体…。

ひたすらカオスな世界が続き疲れてきました。前の「悪酔い横丁」でかなり持っていかれていた。体力とか、精神的なあれが。

胎児の成長の記録のようですね。

秘宝館かな?

そして撮った写真が「怨霊寺」というお化け屋敷が最後だった。この後もまだけっこう続くんだけど僕は撮影するのを止めてしまった。

 

“精神的な限界”

R指定のグッズも展示されていたがこの異様な空間の中で知らないV系の曲が流れているとまた不気味さが増すものである。

一人で来てたらマジで精神崩壊してたわ。

あと晴天だったのも良かったな。曇りとか雨の日に来たら不気味さ2割増しだよ。絶対に家族、恋人、友達と一緒に来た方がいいよ。

姉妹店「怪しい少年少女博物館」

 
姉妹店もあります。こちらは博物館として成立してるクオリティだ。いろんな物が並んでるのは同じだけど「カオス感」はそんなに無い。純粋に骨董品のギャラリー展という感じ。安心して見れる。

こちらも “プチお化け屋敷” があってお得。でも「まぼろし博覧会」の後に行くとインパクトがめちゃくちゃ薄いですよ。

まとめ:廃墟好きにおすすめかも

一部が完全に廃墟のような散らかり具合で “良い雰囲気” が出ていました。僕は廃れた雰囲気が好きですが、ここのカオス感にやられて精神的に疲れました。レベル高めです。

そしてここを見た後はしばらく食欲が無くなります(笑)

 
載せきれなかった残りの写真はすべてフォトギャラリーにまとめてあるので良かったら覗いていって下さい。

伊豆方面へ訪れたらB級スポットに訪れてみてはどうでしょうか?面白いですよ。

スポンサードリンク