富士山写真の定番!田貫湖の富士山ビューポイント7選

こんにちは、アキです。

静岡県富士宮市、富士山の西側にある田貫湖。その田貫湖からの富士山ビューポイントをまとめました。田貫湖の中にも色んな富士山ビューポイントがあるので様々な構図で撮影することができます。

ぜひ観光や撮影の参考にでもしてください。

富士山ビューポイントまとめ

富士山ビューポイントは大きくまとめると7つあります。富士山自体は至る所から見ることができますが、観光や撮影に良さそうなポイントだけをピックアップしました。

①(北側)駐車場付近の湖岸

定番の撮影ポイントの一つ。北側駐車場へと車を停めたら1分で撮影場所に辿り着きます。駐車場前にある「ボート桟橋」を入れた構図の写真はよく見かけるかと思います。桟橋付近にある木は桜だったりします。

田貫湖に来たらとりあえずこの辺りで試し撮りをするカメラマンも多いかと思います。

駐車場から西側へ抜けると芝エリアがあり、そこからの木を入れた構図が個人的には好きです。ちなみにこれも桜の木です。桜シーズンには撮影者や観光客が増えます。

北側駐車場

ボート桟橋近辺

週末はカメラマンや釣り人達が夜中から訪れています。普段は駐車場が満車になることは見たことはありませんが、ダイヤモンド富士の時期だけはもの凄く混み合いズラリと路駐の列ができています。

田植えの時期に増水するためボート桟橋が水没していたりします。

②(北側)田貫湖定番の湖岸

定番中の定番。THE 田貫湖。富士山写真としてもよく見かける人気構図の撮影場所。

北側駐車場から5分程歩きますが、とてもアクセスしやすい場所です。歩道も整備されているので年配者がカメラ機材や釣り道具をカートで運ぶ姿をよく見かけます。

富士山との間には邪魔になるものが無いためスッキリとした構図で撮影できる。湖面と空を大きく入れられるが、場所や画角に気をつけないと木の枝が構図に入ってしまいます。

田貫湖定番の湖岸

撮影や釣りをする際は歩道から下の段へと降りることになりますが、柵などは設置されていません。撮影に訪れる方は夜間など落下しないように気をつけてください。

ちなみにこの湖岸沿いは桜並木です。

③(北側)たぬき展望台

小高い場所にある展望台からの景色が見られます。

この「たぬき展望台」も北側駐車場からのアクセスになります。5〜10分程度ですが、少しだけ山を登ることになりますので、撮影で夜間に訪れる方は足元に気をつけて下さい。

展望台へは、バンガロー付近から案内の立て札などがあるのですぐに分かるかと思います。

撮影時の構図としては木の枝が邪魔になりますが、春には桜を見下ろす景色となってとても綺麗です。観光として来るのもおすすめです。

展望台までの道中

たぬきと看板を左折

案内通りに山道を歩くと数分でたぬきの人形と看板があるのでそれを左折します。残りは一本道なのでまず迷うことは無いです。ひたすら道なりに進みます。

たぬき展望台

ポコポコポン太

展望台はある程度の整備がされていて、ベンチにはマスコットの「ポンポコポン太」が座っています。非常に邪魔です。一緒に撮影してほしいようです。

④(休暇村前)展望デッキ

宿泊施設の「休暇村富士」の正面にある展望デッキです。整備された場所です。こちらも定番スポットで、とくに宿泊客や観光客が多い場所です。

公式HP休暇村富士

この展望デッキからは水面の波も少なくて綺麗な「逆さ富士」を狙うことができてカメラマンにも人気です。展望デッキであるため他の観光客の邪魔にならないように撮影しなくてはいけません。

展望デッキ

駐車場

宿泊施設「休暇村富士」

休暇村の利用者は休暇村の駐車場を使い、一般の観光客は向かいになるP2を利用します。展望デッキまでは歩いて5分もかかりません。

⑤(南側)Bサイト付近の湖岸

南テントサイト付近にある湖岸で、少し分かりにくい場所になります。P2から5分〜10分程歩きます。

休暇村前の展望デッキと同じで対岸との幅が狭まった場所であるため、波が発生しにくく「逆さ富士」が綺麗に映ります。展望デッキからよりも開けているので個人的に好きです。

Bサイト付近の分岐

案内看板

Bサイトの案内の近くまで歩くことになります。案内看板もあるので迷うことはないです。

春夏は草が生い茂っているので足元に気をつけてください。

⑥(南側)一本松桟橋

釣り桟橋なので釣り人が優先です。三脚などで邪魔をしないように気をつけましょう。

テントサイト受付の建物や外灯、駐車場も近く公害が入りやすいため夜間の撮影には好みが分かれるかと思います。ご了承を。

⑦の展望テラスも見えています。

桟橋手前スペース

この桟橋の手前スペースからでも撮影ができるのでおすすめです。桟橋上よりも人数的にも余裕はあります。もちろん釣り人の通行の妨げにならないように気をつけてください。

⑦(南側)展望テラス

南側テントサイトにある「展望テラス」です。南側駐車場から5分もかかりません。

夏にはキャンプやバーベキューの利用者で賑わいます。カメラマン以外の利用客も多いので三脚での撮影はおすすめしません。

夜間の人の居ない時間などを狙うと良いかと思います。

南側駐車場

展望テラス

キャンプやバーベキューの利用者が多いため駐車場が広いです。

ちなみに湖岸沿いには紫陽花が植えられています。

スポンサードリンク

撮影情報

休暇村富士

休暇村の施設内からも富士山の展望が素晴らしいです。宿泊する際は部屋の窓からも富士山撮影を楽しめます。ダイヤモンド富士のシーズンでは部屋からの撮影をしようと予約で満室になります。半年前から予約がいっぱいなんだそうな。

カフェテラスからの展望

宿泊までしなくても、日帰り温泉やカフェなども利用できます。休暇村に訪れた際は施設内からの展望も楽しんでください。

逆さ富士

田貫湖と言えば湖面に映る「逆さ富士」を一緒に撮影したいところですが、①や②の湖岸からだと湖の広い部分であり風の影響を受けやすく波が発生しやすいです。波があると綺麗な「逆さ富士」にはなりません。

なので綺麗に「逆さ富士」を撮影したい場合は、休暇村前の展望デッキや⑤⑥の対岸との幅が狭まっている辺りだと波が発生しにくいのでおすすめです。

ダイヤモンド富士

4月24日と、8月20日の前後数日間にかけてダイヤモンド富士が見られます。とくに「Wダイヤモンド富士」が人気です。

数日間にかけて同じ場所から狙い続けてもいいし、日の出位置に合わせて田貫湖内を移動するのもありです。

田貫湖内とは言え撮影位置によって太陽の位置が変わってきます。ど真ん中のダイヤモンド富士を狙う場合は毎日位置を確認してください。富士山写真家オイさんのサイトの「富士山とともに」での確認がおすすめです。

オススメふじともマップ丨富士山とともに

ダイヤモンド富士シーズンの休暇村前の「展望デッキ」では数日間ずっと三脚によって占拠された状態になります。丁寧にチェーンで固定までされています。

三脚で占拠される展望デッキ

一般客も訪れる「展望デッキ」での三脚の場所取りはオススメしません。普通に考えてありえないことです。撮影したい方は気をつけましょう。

まとめ:定番の田貫湖だけど色んな構図がある

定番ポイントで定点カメラのように狙い続けるのもいいし、面白い構図を探してみるのもいいし、同じ田貫湖でも様々な構図で撮影できるかと思います。

観光でも面白い場所なので家族、友人などと訪れても楽しい場所です。キャンプ、バーベキュー、サイクリング、休暇村で温泉など。撮影はもちろん釣りもできます。

田貫湖、楽しいところですよ。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。