【富士山】ダイヤモンド富士を狙って山伏を登山した結果(静岡市)

Lr_DSC_9354

『朝陽の行方は』

静岡市葵区−山伏 Nikon D610

こんにちは、アキです。

ダイヤモンド富士を撮影するべく山伏を深夜に登山した時のエピソードです。

ブログ開設して記念すべく一番目の記事となっています。

撮影エピソード

山伏からのダイヤモンド富士を撮影したい!

静岡市葵区 安倍奥エリア−山伏(標高2014m)

まず山伏は僕にとって縁のある場所なんです。いま自分が富士山を撮影しているのはすべて山伏がきっかけだと思っています。正確に言うとSNSで活躍している富士山写真家の橋向さんの撮影した山伏からのある1枚の富士山写真。

山頂のシンボルでもある2本の立ち枯れのシルエット、その立ち枯れの間から顔を出す富士山、そして富士山の上を流れる天の川…。これは衝撃でした。

僕はその1枚の写真に感銘を受けました。タイミング的に僕はちょうど富士山写真に興味を持ち始めた頃でしたね。本当にこれがきっかけで富士山を意識して撮影を始めることになった。初めての登山に選んだのはもちろん山伏です。富士登山以外でね。

そして春のダイヤモンド富士は4月12日。僕にとって縁のある山伏からのダイヤモンド富士なんて撮りたいに決まってるじゃないか!と、居ても立っても居られずにナイトハイクしてしまいました。

山伏をナイトハイク(夜間登山)した理由

朝のダイヤモンド富士に備えて前日の昼間にのんびり登山して頂上付近にある山伏小屋で一泊してから朝の撮影に挑む。当初の予定はそんなものでした。深夜に3時間の登山なんて怖いからね。

ちなみに山伏の登山ルートは複数あって最短ルートは「百畳峠」からのコースとなっていて頂上までは30分そこらとなってる。写真撮影だけが目的であれば大抵はこのルートが使われる模様。しかし百畳峠コースまでの林道は冬季閉鎖されているようです。この4月のダイヤモンド富士のタイミングではまだ開通されておらず最短距離で登ることができないらしい。

なので僕は基本的に3時間コースの西日影沢ルートを使ってます。夏でもこのルートです。登山道の中では楽しいルートに分類されると思うな。登山にも興味あるなら登山がてら富士山撮影もできて一石二鳥だ。

山伏小屋とは

県営の無人の避難小屋。頂上近くの分岐を牛首峠方面に少し下ったところにある。山頂から10分くらい。小屋のすぐ近くには水場もあることからとても過ごしやすいと感じた。

IMG_0144

 

いやー当日は朝から風邪をひいてしまい微熱まで出てしまいました(汗)僕は普段から寝落ち癖があります。仕事疲れと三十路という歳の壁。PCを触りながらウトウト、ちょっと横になって休憩しようか…、気づくと朝。なんて日常茶飯事。寒い季節にこれやっちゃうと喉痛くなるし運が悪いと風邪ひきますよね。
こりゃ登山は中止だなーと泣く泣く諦めることに…

うーん

それでも大好きな山伏からのダイヤモンド富士なんてめったに無いチャンスだよな。しかも年に2回のうちの春のダイヤモンド富士だ。秋に比べて撃沈率は低いだろう。

やっぱり行くしかない!と思ったのがすでに前日の夜です。予定だったらすでに山小屋で休憩中の時間ですね。しかしダイヤモンド富士を撮影するにはまだ間に合うんだ!

ということで急いで支度をしてナイトハイクへと向かいました。モンスターエナジーを飲みながら梅ヶ島近くにある西日影沢ルート登山口まで深夜ドライブ。西日影沢ルート入り口に着いたのは深夜2時くらいでダイヤモンド富士は5時過ぎ、これは行ける!と登り始めたわけです。

これがナイトハイクの理由。いやーこの時の風邪を打ち消すほどのアドレナリンがすごかったです(笑)富士山パワーだったんでしょうか?

三度目の正直

山伏への撮影登山は3回目。富士山写真家 橋向さんの写真に感銘を受け自分も撮影したいと登山したものの過去2回はまともに富士山写真が撮れずという結果でした…

 

Lr_DSC_5014

1回目(8月)曇により撃沈。

 

【富士山】ダイヤモンド富士を狙って山伏を登山した結果(静岡市)

2回目(9月)少し見えたのを最後に撃沈。

富士山が一番良く見えたので9月のこの1枚。そして今回の3度目にして始めて富士山をくっきりと見ることができた。山頂に着いたのは5時頃で富士山は見えていた。ところが同時に高めの大雲海も確認できた。この場所が雲に飲まれるのも時間の問題だなー。とか思いながら急いで撮影していると10分ほどであっという間に霧に包まれた。

ゲームセット。

IMG_9690

反対側はわりと晴れてたのになー。青空が広がり霧氷なんかついちゃったりしてさ。

 

Lr_DSC_9385

気がついたら太陽は高い位置に(笑)

スポンサードリンク

まとめ:今回のダイヤモンド富士の結果は…

撃沈でした( ;∀;)

しかし!ダイヤモンド富士は撃沈だったけど、その代わりに撮影出来た『大雲海と富士山』の写真は個人的に大収穫だ。なにせ三度目の正直。ダイヤモンド?なにそれ美味しいの?

そして3度目にして構図を変えちゃう成長っぷり(笑)立ち枯れが好きだったのにあえて倒れてるやつを前景にしました!そんなエピソードの1枚でした。

Lr_DSC_9354

 

まだまだ山伏のダイヤモンド富士は挑戦しますよー!

追記:今年は全国で熊の出没が多いようです。山伏でも6月に熊の目撃情報があります。ナイトハイクする方や単独登山をする方は気をつけて下さいね。

使用した地図

山と高原地図 塩見・赤石・聖岳 2016 (登山地図 | マップル)
山と高原地図 塩見・赤石・聖岳 2016 (登山地図 | マップル)