【お知らせ】2019年はブログ更新が減ります。

お知らせ

あけましておめでとうございます、アキです。

3週間過ぎての新年の挨拶ですが、まだ初撮りもしていなければ山始めもしていない。

このタイミングでお知らせです。

お知らせをするほど固定読者がいるのか分かりませんが、2019年の豊富というか方針というか少し心境の変化について綴りたいと思います。

趣味に没頭しすぎた結果

シーズンオフに富士登山

2013年に一眼レフを購入して、写真趣味はかれこれ6年目に入りました。

とくにブログを開設してからは趣味に没頭する時間が増えた。

なんというか、今になって趣味に没頭しすぎたツケが回ってきたのです。

写真を撮ること、山登りすること、そして富士山が好きなのは勿論ですが、僕が趣味に没頭する理由の1つとして「現実逃避」がある。好きなことだけやっていたいという気持ちが強いのです。

もう病気レベルなんですよ。

 

2年前、仕事イヤイヤ病ピーク時にADHD(発達障害)について記事を書いた。

僕はADHDだと自己診断して開き直っている部分もあります。

ADHD

ADHDかも!?「やらなきゃ」を後回しにしてしまう理由

2017年1月17日

ただでさえ写真や登山を楽しんでいて、寝る間を惜しんでまでブログを書いたりもした。

そんなことをしていると何かしらの支障も出てくるわけで、その辺りの2年分のツケが回って来たわけですよ。

追い込まれないと重い腰が上がらないのも僕の悪いところだが、一旦手を出せばとことんやり込むタイプである。

 

ということで、2019年はリアルと向き合う年にします。

 

年内は今やるべき予定を詰め込んでいくので、趣味にかける時間が減ります。

減るだけで辞めるわけではありませんよ。

富士山撮影も登山もするしブログも書きます。

 

っていう話でした。

 

写真や登山は早くも「2020年から本気出す」状態。

とりあえずブログの確定申告をやっつけないと何も始まらん(ヽ´ω`)

 

余談

山中湖

まともに撮影も登山もしていませんが、ぼちぼち富士山麓には出没しています。

第20回富士山写真大賞展にて自分の作品をチェックしてきたり、恒例になりつつある田子の浦みなと公園付近でランニングしていたりと。

富士山写真大賞展

富士山写真大賞展ではね、『自分が選者だったら』という体で50作品の中からお気に入りを選ばせて頂きました。(写真展的なところへ行くといつも自分の中でアキ大賞を選んでいる。)

見事、アキ大賞に選ばれたのは中村清治さんという方の作品でした。

山中湖で湖面の氷がパキパキしているやつ。縦構図の。

富士山写真大賞展

富士山写真大賞展での写真プリントは全倍サイズという大きな引き伸ばし写真です。

それを見ていて感じたのが「縦構図がすごい圧巻だった」ということ。

ポスター類も基本的に縦構図だけど、ある程度の大きな絵になると縦構図の方が脳が受け入れやすいというメカニズムとかあるのだろうか。

僕としては「縦構図だと写真そのものが大きく見える」という気がする。目の錯覚的な。

写真展では1つの区画に縦構図の作品をズラッとまとめられていて尚さら迫力があった。

今年も入選しました!第20回富士山写真大賞展について

まとめ

ぼちぼち更新していくので今後も当ブログをよろしくお願いします。

ちなみにADHDって薬で治るらしい。

真剣に診察しに行ってみようかな。

 

ABOUTこの記事を書いた人

富士山写真と登山をエンジョイしている人。撮影記や登山日記、関連した情報を発信しています。主に富士山撮影を目的とした登山が好きです。フォトマスター検定準1級。

お問い合わせはこちら