国師ヶ岳(2,592m)登山情報と富士山撮影

国師ヶ岳からの雲海と富士山

名称国師ヶ岳
読み方こくしがたけ
標高2,592m
所在地山梨県山梨市・長野県南佐久郡
富士山の展望標高2,592mである山頂からは甲府盆地や御坂山塊越しに富士山を望める好展望地になっている。富士山と雲海を絡めて狙うことができる。国師ヶ岳の山頂だけでなく、前国師岳や登山道の途中からも富士山の展望が望める。
撮影情報
  • 雲海
  • 新緑
  • 紅葉

目の前に広がる盆地は放射冷却が起こりやすく雲海がよく発生する。雨降りの後など湿度の高い日が狙い目。前景となる稜線は初夏には新緑、秋には紅葉を望める。

駐車場駐車スペースあり

無料・約40台(周辺スペース含めて)

大弛峠には駐車場が完備されており登山者などが利用することができる。人気スポットにつき早めの満車状態になりやすいため路上駐車も避けられない場合もある。

大弛峠までは県道219号から林道川上牧丘線を通行する(山梨県側ルート)が一般的だが、林道は12月上旬から5月末までは通行止めになる。長野県側ルートは悪路に付き一般車には向いていない。

トイレ大弛峠に登山者用の公衆トイレあり
登山口大弛峠(2,360m)
コースタイム目安大弛峠から60分前後
山と高原地図
山と高原地図 – 金峰山・甲武信
山小屋大弛小屋ホームページ

登山コース情報

登山口までのアクセス
県道219号を道なりに進むと琴川ダムを過ぎたところで林道ゲート(林道川上牧丘線)を通過して山道を道なりに登っていきます。1.5〜2台分の車幅の舗装路につき一般車でも走行可能。すれ違い不可の箇所もあるためコーナーは対向車に十分注意をして走行して下さい。

大弛峠〜国師ヶ岳までは個人差はありますが、登山マップなどに掲載されている標準コースタイムで60分程となっています。(僕の足で50分でした。)

大淵峠

大弛峠

大弛峠は駐車場を完備しており40台程が駐車可能。(路肩への駐車含めて。)土日では朝の段階でも満車になることも多いため早めに訪れることをおすすめします。

駐車場には登山者用の公衆トイレを完備。

国師ヶ岳登山コース

大弛小屋へ続く道から国師ヶ岳の登山コースへ進みます。

この大弛小屋入り口前は緊急車両なども走行する場合もあるため駐車禁止になっています。満車状態につき路肩へ駐車することになる場合は注意しましょう。

大弛峠小屋 大弛小屋

大弛小屋の右奥には登山コースの案内マップがあり登山道が続いています。

約60分というお手軽な登山コースですが分岐点のある登山であるため万が一に備えて登山マップの携帯をお忘れなく。

国師ヶ岳の登山道

登山コースの序盤は木道で整備されている区間が多いため登りやすいです。ナイトハイクでも迷うことなく安心して歩けると思います。

国師ヶ岳の登山道

途中に分岐点がありますがどちらを進んでも合流します。

「夢の庭園」方面へのコースには展望デッキがあるため、明るい時間に通るのであれば夢の庭園コースをおすすめします。

大弛峠夢の庭園

国師ヶ岳の夢の庭園

登山コースの途中の木道が展望デッキを兼ねていてそこからの眺望が素晴らしいものです。展望デッキからは奥秩父山塊を見渡すことができ金峰山の五丈岩まで見えている。

国師ヶ岳の登山道

分岐コースが再び合流し、しばらく登ると森林限界が近くなり岩場と立ち枯れが目立つようになってくる。

前国師ヶ岳

この辺りからもすでに富士山が見えている。

手前に見えている山のピークは奥秩父山塊の最高峰である北奥千丈岳(標高2,601m)です。遠くは無いので国師ヶ岳まで訪れるのであれば北奥千丈岳もセットで踏んでおきたいところです。

前国師岳

岩場の先には前国師岳というピークもあるが通過点である。

国師ヶ岳と北奥千丈岳の分岐点

前国師岳を通過して進むと分岐点が現れる。左が「国師ヶ岳方面」で、右が「北奥千丈岳方面」へと続く。

ちなみに分岐点から北奥千丈岳までは5分程です。富士山撮影が目的なら国師ヶ岳方面ですが、せっかくなので帰り道にでも北奥千丈岳へと立ち寄ってみてください。

国師ヶ岳の山頂

分岐点を国師ヶ岳方面へとしばらく進むと国師ヶ岳(標高2,592m)へと到着する。

この山頂スペースから富士山を含めた絶景を撮影することができる。

国師ヶ岳から富士山撮影

山頂スペースは10人くらいが横並びで三脚を立てられるくらいのスペースがある。岩がゴツゴツしているため三脚を安定させやすいベストポジションは限られるように思いました。

場所によっては手前の木が構図に入り込んだりもする。富士山撮影が目的の方は早めに来てポジションを確保することをおすすめします。

個人的な感想としては、国師ヶ岳からの距離だと70-200㎜辺りの望遠レンズが扱いやすいです。70㎜よりも広角だと富士山が無駄に小さくなっていくため、星撮りだったり、よほど面白い雲や朝焼けなどがなければ望遠ズームレンズがメイン使用になるはず。

国師ヶ岳で撮影した富士山写真

国師ヶ岳から撮影した富士山写真の紹介です。大弛峠までの林道の冬季通行止めが解除されて間もない6月上旬にはちょうど新緑が綺麗なタイミングであった。


国師ヶ岳から見た夜明け前の富士山

夜明け直前の時間帯の撮影。

盆地に広がる雲海の隙間からは夜景がチラリと覗かせている。これで70㎜の撮影です。

2018年6月22日


国師ヶ岳からの朝焼けと富士山と雲海

空に広がる雲が焼けていたため広角気味で撮影。

かなり展望が開けていて空を大きく入れることができるためビーナスベルトを堺にした昼夜のグラーデーションが圧巻だった。

2018年6月22日


国師ヶ岳からの雲海と富士山

富士山、雲海、新緑の稜線のすべてに光の差し込んだ時間帯に撮影。

前景や雲海を生かすためには「光」が大切である。薄明時や朝焼けの時間帯も綺麗だがやはり光が差し込んでこそ最も被写体が生きる。このベストタイミングまでじっくりと待って狙いを定めた。

2018年6月22日

国師ヶ岳のフォトログ一覧

国師ヶ岳からの雲海と富士山!大弛峠から登山60分以内で出会える絶景

2018.06.28

フォトログ一覧はこちら

国師ヶ岳について(Wikipedia)

国師岳(こくしだけ)は山梨県山梨市と長野県南佐久郡川上村の境界にある標高2,592 mの山である。国師ヶ岳(こくしがたけ)とも呼ばれる。

奥秩父山塊の主脈にある山の一つで、花の百名山や山梨百名山に選ばれている。山頂には一等三角点が設置されている。また、山名の由来は夢窓疎石の偉業に対して地元民が付けたといわれている。

出典:国師岳 – Wikipedia

関連リンク

登山地図

国師ヶ岳からの雲海と富士山

参考になったらシェアして下さい!

カメラアクセサリーならK&FConcept


K&F Concept

三脚からマウントアダプタまでコスパ抜群のカメラアクセサリーが揃っているのでカメラ初心者におすすめです。

≫マウントアダプタ使用レビュー記事

≫カメラバッグ使用レビュー記事


ABOUTこの記事を書いた人

富士山写真と登山をエンジョイしている人。撮影記録から関連情報までブログで発信中。富士山撮影を目的とした登山を好み、低山から富士登山まで幅広く挑戦している。

お問い合わせはこちら