長者ヶ岳(1,335m)登山情報と富士山撮影

長者ヶ岳から見る富士山と田貫湖

名称長者ヶ岳
読み方ちょうじゃがたけ
標高1,335m
所在地静岡県富士宮市
富士山の展望山頂からは田貫湖を真ん中に重ねた富士山を望める。

登山途中のベンチのある休憩ポイントからも富士山と田貫湖の展望が2箇所あります。

撮影情報5月上旬には登山道でシロヤシオが見頃を迎えるが、富士山撮影には絡むことはない。
駐車場各登山口に無料駐車場・駐車スペースがある。登山口前が満車だったとしても田貫湖の駐車場が充実しているので少し歩いてでも駐車場を利用して下さい。パトカーの巡回をよく見かけるのでなるべく路上駐車は避けたいところです。
トイレ田貫湖の駐車場のトイレを利用して下さい。
登山口

どの入口から登っても途中で合流できるので、駐車場の空き状況との兼ね合いで決めて下さい。

コースタイム目安約2時間(天子ヶ岳まではさらに50分)
山と高原地図
エリア
富士山 − 御坂・愛鷹山
山小屋無し

登山コース情報

個人差はありますが、長者ヶ岳までは僕の足で90分ほどです。

長者ヶ岳はほぼ天子ヶ岳とセットで登られている山です。長者ヶ岳へ登ったのならせっかくなのでもうひと頑張りして天子ヶ岳からの富士山も眺めてみてはどうでしょうか。

特に最短コースという概念はなく、どの登山口からスタートしても変わりはないです。駐車スペースの空き状況を見て判断して決めて下さい。

田貫湖、長者ヶ岳の登山口

小田貫湿原側の登山口は「東海道自然歩道」のコースにもなっている。登山口前の駐車スペースに10台ほどが停められるが、田貫湖周辺で駐車して歩いてきてもそう遠くはない登山口です。

長者ヶ岳への登山道にある展望地

登山地図には表記されていない1つ目の展望ポイント。ここまでなら30分ほどで登れる。

小田貫湿原側、田貫湖キャンプ場からスタートするとこの展望ポイントを通過する。(田貫湖や麓の朝霧などは見えず木々の間から顔を出す富士山を望めます。)

長者ヶ岳の登山道から見る富士山

新緑の時期ならこの木々もとても綺麗だが、ツツジも咲いており富士山と絡めることができた。

田貫湖、長者ヶ岳への登山道 長者ヶ岳への登山道から見た田貫湖キャンプ場

1つ目の展望ポイントからさらに10分ほど登ると2つ目の展望ポイントがあり、田貫湖の一部が見えるようになる。ベンチも設置されているため休憩ポイントしても丁度いい。

田貫湖、長者ヶ岳への登山道

少しだけ登山道が分かりにくくなる区間がありましたが、よく見ると赤リボンがあるので気をつけて進んで下さい。短い区間ですが。

田貫湖、長者ヶ岳への登山道

登っていくと、展望のないただの休憩ポイントもあります。とくに撮影はできないので体力に余裕があれば立ち止まる必要のないポイントかと思う。

長者ヶ岳山頂

そして長者ヶ岳の山頂には、テーブルとベンチが設置されておりゆっくりと食事休憩がとれます。富士山の展望もあり撮影も捗ります。道中に2つと山頂で、全部で3つの展望ポイントがありました。

登山道として分かりにくい区間がほんの少しだけありましたが、それ以外では難所などはなく登りやすい部類の登山道だと感じました。

長者ヶ岳でゆっくり休憩をしたら、天子ヶ岳を目指してみましょう。

長者ヶ岳からの撮影情報

山頂からは田貫湖を真ん中に見下ろす構図で富士山を望める。目立って花が咲いていることはなく田貫湖を囲うように木々が伸びているが、新緑の時期に撮影すれば綺麗なフレームとなる。同じように、登山途中にある2つの展望ポイントでも新緑のフレームを入れることになる。

全体的に木々が構図に入り込むため新緑のシーズンの撮影がおすすめ。積雪した冬場なら登山の難易度が上がるが樹氷や霧氷も狙える。

田貫湖のダイヤモンドシーズンであれば、長者ヶ岳の山頂や展望ポイントからもダイヤモンド富士を狙うことができる。


長者ヶ岳から見る富士山と田貫湖

富士山のど真ん中に置いた田貫湖は新緑のフレームに囲わていた。この山頂からの眺望は、左右対称を狙ったかのようなバランスの木々の伸び具合になっていた。

2018年5月5日


長者ヶ岳への登山道から見る富士山と日の出

1つ目の展望ポイントで日の出を迎えた。笠雲をかぶり、太陽と重なった雲の隙間からは美しい光芒が溢れていた。気持ちの良い光を浴びての登山だった。

ちなみに休暇村側の登山口からスタートするとこの展望ポイントは通過しない。

2018年5月5日


長者ヶ岳の登山道から見る富士山と田貫湖

道中にある展望ポイントからの新緑越しの富士山です。右下には田貫湖の一部とキャンプ場が望めます。GWだったためテント泊をするキャンパーで溢れている様子を高みの見物となった。

この展望ポイントは各登山口の合流地点よりも上にあるため、どこの登山口を選んでも通過します。

2018年5月5日

長者ヶ岳のフォトログ一覧

長者ヶ岳(1,335m)登山情報と富士山撮影

田貫湖からの登山!長者ヶ岳と天子ヶ岳まで登って富士山を見てきた

2018.05.07

フォトログ一覧はこちら

長者ヶ岳について(Wikipedia)

長者ヶ岳(ちょうじゃがたけ)は、静岡県富士宮市と山梨県南巨摩郡南部町の県境にある標高1335.8mの山である。天子山地に属する。山梨百名山の1つ。

山頂からは富士山や南アルプスが望める。富士山の西に位置し、山頂や田貫湖周辺などでは4月20日と8月20日の前後1週間頃にダイヤモンド富士が拝める

出典:長者ヶ岳 – Wikipedia

関連リンク

登山地図

長者ヶ岳から見る富士山と田貫湖

この記事をSNSでシェア!

カメラアクセサリーならK&FConcept


K&F Concept

三脚からマウントアダプタまでコスパ抜群のカメラアクセサリーが揃っているのでカメラ初心者におすすめです。

≫マウントアダプタ使用レビュー記事

≫カメラバッグ使用レビュー記事


ABOUT MEこの記事を書いた人

富士山写真と登山をエンジョイする富士山フォトブロガー。 富士山写真のこと、撮影スポット情報、登山情報などブログで発信中。主に富士山撮影を目的にした登山を好み、低山から南アルプスまで幅広く挑戦中である。富士登山6回。

お問い合わせはこちら