note(ノート)でコンテンツを購入するまでの流れまとめ

こんにちは、アキです。

noteの始め方と言うか、アカウントを作成してコンテンツを購入するまでの流れをまとめました。

富士山写真家オイさんがnoteを始めたわけですが、これを読む側もアカウント登録をしないといけないのです。購入のためにはクレジットカードの登録の必要もあるので注意です。

チェックnoteはじめました – ブログ | 富士山とともに

アカウント登録が面倒で避けてしまう人も多いかと思うので、僕もアカウントを作るにあたってコンテンツ購入までの流れをざっとまとめることにしました。

note(ノート)について

noteとは自分のコンテンツに値段を設定して販売することができるサービスです。そしてコンテンツの購入もできます。

販売できるのはテキスト、画像、動画、音声など様々です。テキストであれば有料ブログとして配信できて、イメージであれば写真やイラストなどの作品販売を行えます。

noteのアカウント登録

ブログやSNSで無料で配信しているコンテンツでも、無料で公開するのが惜しいと思うこともあります。そのようなオリジナルコンテンツに値段を設定して販売します。

  • 執筆したコラムや情報記事などを販売したい。
  • オリジナルの写真作品、イラスト作品を販売したい。
  • オリジナル音源やラジオ配信を販売したい。
  • 素材ムービー、解説ムービーを販売したい。
  • 有料メルマガ、ファンクラブ、オンラインサロンの運営。

という使い方ができます。

アカウント登録は無料でありコンテンツにも無料ノートが存在するので完全無料でnoteを利用することも可能です。

スポンサードリンク

noteの始め方まとめ

販売するにも購入するにも、まずはアカウント登録の作業がありますので流れをまとめます。

アカウントの作成

まずはnoteの公式ページでアカウント登録を行います。

noteのアカウント作成

アカウントの作成にはTwitterやFacebookといったSNSアカウントを連携できるので簡単です。僕はFacebookアカウントで登録しました。

作業も簡単でnote用のログインパスワードを設定するだけで終わります。

SNSアカウントと連携したくなければメールアドレスで登録しましょう。

支払いと振込先の設定

購入をしたいのであれば支払い設定を、販売をしたいのなら振込先の設定をする必要があります。支払いはクレジットカードの登録になります。

noteのアカウント登録

「アカウント設定」を開けば各種設定ができます。

「カード情報」で支払いに使用するクレジットカードの登録。「お支払先」で売上を振込みしたい銀行口座を登録します。

コンテンツの購入

検索機能で好きなクリエイターを検索しましょう。オイさんは「富士山写真家」と検索して出て来ます。

noteのアカウント登録

購入の流れ

有料noteは購入しないと先が読めないようになっているので、購入したいnoteの金額の表示をクリックします。

今回のケースでは、100円を支払うことで記事の続きを読めるようになります。

noteのアカウント登録

購入の流れ

表示された画面で「クレジットカードで決済」を選択をすればコンテンツの購入が完了します。

チェックポイント
クリエイターサポートについては、購入金額とは別で「寄付したい」「支援したい」という際に使用します。100円・500円・自由金額でサポートができます。

クリエイター側はとてもモチベーションになります。支援したい方は「クリエイターをサポート」にチェックを入れて金額を設定しましょう。

購入完了の画面が出れば終わりです。購入までの流れは非常に簡単だったと思います。

noteのアカウント登録

購入の流れ

購入したコンテンツは「購入したノート」としていつでも閲覧できます。

他SNSで言うところの “いいね!” と同じ意味を持つ「スキ」という機能もあります。後でゆっくり読みたいノートなどがあればスキを付けておくと便利だと思います。

noteアプリについて

スマホ用の無料アプリ「note」があります。

使用してみた感想としては、全部の機能を使えなくてイマイチだと思いました。PCじゃないと有料ノートを取り扱えないようになっています。

iPhoneアプリから有料ノートの購入はできないし、無料ノートしか配信できません。(Androidは所有していないのでAndroid版の詳細はわかりません。)

noteのアカウント登録

今のところスマホユーザーに優しくないコンテンツかと思います。

せっかくノートに興味を持ってくれても、スマホ単体で完結できないと登録を躊躇してしまうユーザーも多くいるのではないかと思います。

まとめ:登録したからには書いてみたい

僕も普段から新しいコンテンツには積極的に手を出したいと考えています。

noteでもまずは見る側としてアカウント登録したわけですが、どうせ登録したのなら自分も何かを発信してみたいと思うわけです。

ブログで公開してしまうには勿体無く、有料であれば出してもいいなと思うネタなどが思い浮かべばチャレンジしてみようかと思います。ブログに出せない何かですね。

僕のアカウントも良かったらフォローよろしくお願いします。そのうち何か書くかもわかりません。

普段からブログ記事や本などを読むのが好きな人には良いコンテンツだと思います。

アカウント登録から購入までの流れも難しいことは何も無く、簡単に始められるのでぜひ良かったらnoteの登録をしてみてはどうでしょうか。













コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。