直飲み仕様のアクティブリッドへ交換。アルパインサーモボトルで雪山での水分補給が快適になった

こんにちは、アキです。

雪山での水分補給に使用していたモンベルの保温ボトルに「アルパインサーモボトル 交換用アクティブリッド」を取付けて直飲み仕様にしたところ、めちゃくちゃ快適になったので紹介します。

雪山での水分補給について

冬山での水分補給は冷え対策のために熱い飲み物が欠かせません。体の内側から温まり、糖分を含んでいればエネルギー補給にもなります。

気温の低い冬山で温度を維持するためには保温ボトルが必需品になります。

僕は主に2本の保温ボトルを使用しています。

コンパクトな350mlボトルに甘い飲み物(レモンティ等)を入れて、サーモスの山専用ボトルには補充用の熱湯を入れておきます。

 

モンベルサーモボトル

アクセスしやすい場所にボトルホルダーを取付けておけば、登山中にザックを下ろすことなく水分補給が可能。夏はペットボトルを固定できるのでボトルホルダーはオールシーズン便利です。

350mlボトルはコンパクトで重さが気にならなくて良い。

 

アルパインサーモボトル

そんなアルパインサーモボトルは「コップタイプ」であることが欠点でした。

昔ながらのよくある水筒と同じで内栓と外栓の二重構造になっており、外栓をコップとして使用して飲むことになります。

登山中にサクッと水分補給をしたい場合、いちいちコップに注ぐのが面倒に感じます。雪山であれば分厚いグローブを装着しているので細かな作業はなおさら面倒。

そこで「直飲み仕様」の保温ボトルを探そうと思ったら、このアルパインサーモボトルを直飲み仕様にできる交換用アクティブリッドを見つけたという経緯。

 

アクティブリッドに交換

アクティブリッドに交換したアルパインサーモボトル

コップ仕様(左)と、直飲み仕様(右)です。

コップ仕様にもメリットがあって、内栓には保温材が封入されているためアクティブリッドよりも保温効果が高いそうです。カップラーメン用の熱湯を運ぶような場合は保温力の高いコップ仕様の方がいいと思います。

用途で使い分けられます。

価格660円の栓を交換すれば愛用中のボトルを使い回せるのがありがたい。僕はカラーを揃えているけど、別カラーを組み合わせてツートンにしたらお洒落で面白いかもしれませんね。

交換用アクティブリッドは350ml、500mlのアルパインサーモボトルで使用できます。

 

アクティブリッドに交換したアルパインサーモボトル

アクティブリッドは片手で蓋を開けてそのまま直飲みが可能。ザック内で不意に開いてしまわないようにロックも付いていて安心です。

実際に雪山では分厚いグローブを装着していても難なく扱えるし、手軽なので歩きながらでもこまめな水分補給が可能でした。

めちゃくちゃ快適になりました。

もちろん分解清掃も可能です。

モンベル製のアルパインサーモボトルを使用している方は、交換用アクティブリッドも用意しておくと便利ですよ。個人的には350mlとの組み合わせがおすすめです。

アルパインサーモボトル 交換用アクティブリッド(モンベル)

 

 

ABOUT US
アキ
インドア派だけど富士山写真と登山とカメラが好きな人。主に富士山撮影を目的とする登山が好きで撮影ポリシーを厳守して活動中。体力作りで始めたランニングをきっかけにフルマラソンに挑戦しサブ4達成。撮影記録や登山記録をフォトブログにまとめ、関連した役立ち情報の発信をしています。誰かの参考になれたら幸いです。