結ばない靴紐キャタピラン!ランニングシューズの靴紐を取り替えてみた

キャタピラン

こんにちは、アキです。

最近ランニングシューズを新調したのですが、その際に見つけた結ばない靴紐 キャタピランという靴紐を試してみたのでレビューしようと思います。

ランニングシューズはすっごい安物なんですけどね。レースに出るわけでもないしタイムを縮めたいわけでもないので基本的にコスパ優先です。

お腹が引っ込みませんがこれでもちょこちょこ走っています。

結ばない靴紐 キャタピラン

キャタピラン

キャタピランの1番の特徴はゴム状の伸縮素材であること。

ゴム紐を利用することでシューズを履き脱ぎする際にいちいち結んだり解いたりする必要がありません。シューズの入り口はグッと広がり、履いている時はキュッと締まり、脱ぐ時は瞬時に脱ぐことができるようになります。

従来の紐だと履くたびに結び直し、脱ぐたびに解く必要がありましたがその負担がなくなります。

キャタピラン キャタピラン

ゴム素材のキャタピランには一定間隔ごとにコブが付いています。シューズの紐穴に通すとコブが引っかかり固定されることで結ぶ必要がなくなります。

紐穴に通す際もゴム状なので引っ張れば簡単にコブが通ります。

キャタピラン

キャタピランを通し終わるとこのようになりますが、結んでいなくてもコブが簡単に抜けていくようなことはありません。手で故意に引っ張らないと抜けませんでしたので、履いて走っている最中に抜けることはないです。(よほどキツめに通していれば抜けることもあるかと思いますが。)

そして締め付けが伸縮するようになることで足へのフィット感が増します。足のむくみが軽減されたりと、従来の靴紐ではなかった機能になります。

締め付け感に関してはコブを1個ずつズラして調整・固定をできます。これが非常に調整しやすく、同じコブの数で調整をすることで左右のシューズの締め付けを均等にすることができるため地味に便利です。

カラーが豊富でシューズのデザインに合う組み合わせを選べます。僕はオレンジを購入しました。

今回購入したキャタピランは長さが75cmと50cmのタイプがあり、シューズのサイズで選べます。長さが余った場合は切ってしまえばいいので、75cmを買っておけば間違いないかと思います。50cmはキッズ向けです。

辿り着いた通し方

調べてみるとキャタピランの通し方にもたくさん種類があり、ランナーによって通し方がバラバラです。僕はまず試しに通常の靴紐と同じ通し方をしたのですが、少し問題を感じたので別の通し方を試してみました。

辿り着いた通し方について紹介します。

通常の通し方

キャタピラン

最初に試した通し方は「従来の靴紐」と同じ通し方です。

キャタピランの長さが余っても結べないので余った部分は隙間に差し込んでおくと邪魔にならないです。

ただ履いてみるとすぐに問題を感じた。

キャタピラン

従来なら結ぶため一番上の段も締め付けられているはずだが、結ばない靴紐であるが故に締め付けが一段減ってしまいます。

足首への締め付けが広くなってしまうとシューズが脱げやすく走りづらくなります。なので「従来の靴紐」と同じ通し方では駄目だなとすぐに感じた。

辿り着いたスパイラル

調べてみて、次に試したのが「スパイラル」という通し方。

キャタピラン

スパイラルというネーミングから分かるように、下から上にグルグルと登っていく通し方です。この結び方であれば一番上の段への締め付けが得られるようになります。

独特な見た目のキャタピランなのでスパイラルの方が見た目的にもスッキリしているように感じます。この時は実際に足にフィットさせて通したのでかなり長さが余ってしまいました。

キャタピラン

意識したことがありませんがこのシューズは紐穴が4段しかありません。通常は5〜6個以上はあるはずです。紐穴が少ないために長さが多めに余ってしまったようだ。

余った部分は切ればいいので長いタイプを購入しておいて間違いないです。大は小を兼ねます。

キャタピラン

その後も何度も通し直しては解いてを繰り返してこの形に辿り着きました。最初とは通し始めの左右の位置が変わっています。

余剰部分はコブ3つにすることで締め付けの微調整をできるようにしました。ピッタリサイズにしてしまうと、いざ緩めたくなってもできない。

キャタピラン

余剰部分がピローンとしていると邪魔だしダサいので、隙間へと差し込みます。

僕はこれで完成としました。

使用してみた感想

実際にキャタピランに変えたランニングシューズで走ってみました。

キャタピラン

履いている時はキャタピランはこのくらいミョーンと伸びています。このゴムによる締め付けで足に見事にフィットします。足へのフィットがとても気持ちよく感じます。

走ってみてもコブが抜けて緩むこともありませんでした。

個人的に地味に良いと思う点がやはり左右の締め付けバランスが均等であることです。靴紐だと左右のバランスが少しでも違うと凄い気になっちゃうんですよね。走っていると治すのが面倒だし。

もちろん履く際に結ぶ必要がなくなったし、脱ぐ際も解く必要がなくなった。

今のところ問題もなく走れているので、このままキャタピランでいこと思います。

補足
関連記事を見ていると「付けっぱなしにしているとコブが変形する」など見かけました。やはりゴムとナイロン製なので変形はするものなんでしょうね。通常の靴紐に比べて劣化が早そうに思います。

全て解いてから通し直すというリセット作業を定期的にすると長持ちするとのことです。

まとめ

そもそも新調したランニングシューズがまだ馴染まないような気がする(笑)履いていれば慣れるだろうけど、安ければいいというわけでもないな。

それでも履きやすさや履き心地が向上するとモチベーションが上がりますね。

大変便利なのでキャタピランはおすすめです。ランニングだけでなく普段履きのスニーカーなどでも使用しても便利だと思いますので、ぜひ試してみてはどうでしょうか。

キャタピラン

この記事をSNSでシェア!

カメラアクセサリーならK&FConcept


K&F Concept

三脚からマウントアダプタまでコスパ抜群のカメラアクセサリーが揃っているのでカメラ初心者におすすめです。

≫マウントアダプタ使用レビュー記事

≫カメラバッグ使用レビュー記事


ABOUT MEこの記事を書いた人

富士山写真と登山をエンジョイする富士山フォトブロガー。 富士山写真のこと、撮影スポット情報、登山情報などブログで発信中。主に富士山撮影を目的にした登山を好み、低山から南アルプスまで幅広く挑戦中である。富士登山6回。

お問い合わせはこちら