ニコン一眼レフカメラのファームウェアアップデートの方法 D7200/D610/D750/D810

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

こんにちは、アキです。

2018年2月27日にニコンの一部の一眼レフカメラのファームウェアの最新バージョンが公開されました。今回はお手持ちの一眼レフカメラのファームウェアを最新バージョンにアップデートする方法をまとめてみました。

ちなみに僕の使用しているD610のファームウェアも最新ではなかったのでアップデートしてみました。

ファームウェアアップデートについて

CP+2018に合わせて新製品の発表でもあるのかと思ったら、既存機種のファームウェアのアップデートが公開されました。

一眼レフカメラ「Df Ver. 1.02」、「D810 Ver. 1.13」、「D810A Ver. 1.03」、「D4S Ver. 1.33」、「D4 Ver. 1.11」、「D800 Ver. 1.11」、「D800E Ver. 1.11」、「D7200 Ver. 1.03」、「D7100 Ver. 1.04」用ファームウェアのダウンロードを開始 | ニコンイメージング

参照:ニコンイメージング サポート(2018年2月27日)

最新機種を除く旧モデル機のファームウェアがアップデートされていますね。中でもD4、D800、D7100などの古めのモデルでもサポートされているのがニコンの良いところ。

各機種の最新ファームウェアは参照ページからダウンロードできます。

今回のアップデートで全体的に共通しているのがAF-Pレンズを使用した際の仕様が調整されています。

AF-PとAF-Sについて
AF-Pレンズとは、従来の超音波モーターのオートフォーカスを搭載しているAF-Sレンズよりも新型のレンズになります。AF-Pレンズにはステッピングモーターを搭載しておりオートフォーカスが高速化されました。

他にも機種ごとの調整も入っているので、自分の使用している機種のアップデート情報をチェックしてみて下さい。

そして、少し調べていると僕の使用しているD610も2017年に7月25日に最新ファームウェアが公開されていました。同時にD750・D600もアップデートされています。

一眼レフカメラ「D600」、「D610」、「D750」、アクションカメラ「KeyMission 80」用ファームウェアのダウンロードを開始 | ニコンイメージング

参照:ニコンイメージング サポート(2017年7月25日)

今回のアップデートと同様のアップデート内容です。この3機種は一足先にアップデートされていたんですね。全く知りませんでした。

各機種の最新ファームウェアのダウンロードやアップデート情報の詳細は参照ページをチェックしてみて下さい。

スポンサードリンク

ニコン一眼レフカメラをアップデートする流れ

さっそく僕もD610のファームウェアを最新バージョンにアップデートしてみました。

①ファームウェアのバージョン確認方法

カメラを起動して「MENU > セットアップメニュー > ファームウェアバージョン」を選択すればファームウェア情報が表示されます。

D610のファームウェアバージョン

アップデート前の状態

僕のD610はこんな感じでした。「C」が「ファームウェア」で、「L」又は「LD」は「レンズ補正データ」のことです。

D610の最新バージョンはファームウェアVer 1.02、レンズ補正データVer 2.017です。どちらもバージョンが古かったですね。せっかくなのでレンズ補正データも最新バージョンにアップデートしていきたいと思います。

②最新バージョンのダウンロード

  • D750/D610/D600のアップデート情報はこちら
  • Df/D810/D810A/D800/D800E/D4/D4S/D7200/D7100のアップデート情報はこちら

アップデートしたい各機種のダウンロードページまで進みます。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

同意にチェックをしてダウンロードボタンを選択すればダウンロードが開始できます。この要領で「最新ファームウェア」と「最新レンズ補正データ」を両方ともダウンロードします。

※D610での例です。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

Mac版でダウンロードしたファイルは「ファームウェア」がF-D610-V102M.dmg、「レンズ補正データ」がF-DCDATA-2017M.dmgです。(Windowsの場合はexeファイルです。)

まずはF-D610-V102M.dmgを展開するとディスクイメージがマウントされ、その中にフォルダが作成されます。フォルダ内に入っている『D610_0102.bin』というBINファイルを使用します。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

アップデートするカメラでフォーマット(初期化)されたSDカードを用意して、カードリーダー等を使用して『D610_0102.bin』を転送します。

(※この時にファームウェアとレンズ補正データを同時に入れると片方しかアップデートできなかったので、1つずつアップデートすることをおすすめします。)

③ファームウェアのアップデート方法

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

最新ファームウェアを入れたSDカードをカメラのスロット1に挿し込んでから電源を付けます。

カメラはレンズを取り付けていない状態で行います。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

再び「MENU > セットアップメニュー > ファームウェアバージョン」を選択します。

最新ファームウェアをちゃんと認識できていると、バージョンアップという選択メニューが表示されるようになるのでこれを選択します。

この時にカメラのバッテリーが少ないとアップデート作業ができないので注意して下さい。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

現在のバージョンと変更後のバージョンを確認したら「はい」を選択します。アップデートが開始されます。

僕の場合はVer 1.01からVer 1.02へのアップデートです。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

アップデート中はカメラの電源を切らないように注意しましょう。

僕の時は1〜2分程で終了しました。あっという間ですね。

アップデートが終了したらカメラの電源を切って終了します。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

再びファームウェアバージョンを確認してみるとちゃんと最新のVer 1.02へとアップデートされていました。

これでファームウェアのアップデートは完了です。

④レンズ補正データのアップデート方法

次にレンズ補正データのアップデートです。

ファームウェアと同じ手順でF-DCDATA-2017M.dmgを展開してフォルダ内から『NKLD0217.bin』を探します。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

先程SDカードに転送した『D610_0102.bin』は削除して、最新のレンズ補正データである『NKLD0217.bin』を転送します。

同じ要領でカメラのスロット1へ差し込んだらファームウェアバージョンを開きます。

ニコン一眼レフのファームウェアバージョンアップデート

変更前と変更後のレンズ補正データのバージョンを確認したら「はい」を選択してアップデートを開始します。

レンズ補正データのアップデートは一瞬で終わりました。1秒もかからず。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

これでファームウェアもレンズ補正データも最新バージョンにアップデートされました。

  • ファームウェア:Ver 1.01Ver 1.02
  • レンズ補正データ:Ver 2.009Ver 2.017

AF-Pレンズは持っていないのであんまり意味のないアップデートかもしれませんが、最新の状態になったと思うと少し気持ちがいいですね。多少のバグ修正も入ってたりもするし。

まとめ:自分でできるの知らなかった

以前に新宿へと訪れた際にローパスフィルター清掃に出したのですが、その際にファームウェアアップデートをしてもらいました。もう2年前だったかな。それ以来のアップデートでした。

もし自分のカメラのバージョンが古い人はアップデートしてみてはどうでしょうか。すごい簡単にできますよ。

2012年発売の古いモデルでもサポートされているのはすごい有り難いと思いました。

ニコン一眼レフのファームウェアアップデート

カメラアクセサリーならK&FConcept


K&F Concept

三脚からマウントアダプタまでコスパ抜群のカメラアクセサリーが揃っているのでカメラ初心者におすすめです。

≫マウントアダプタ使用レビュー記事

≫カメラバッグ使用レビュー記事


ABOUT MEこの記事を書いた人

富士山写真と登山をエンジョイする富士山フォトブロガー。 富士山写真のこと、撮影スポット情報、登山情報などブログで発信中。主に富士山撮影を目的にした登山を好み、低山から南アルプスまで幅広く挑戦中である。富士登山4回。

お問い合わせはこちら