ジェットボイルは湯沸かし専用機!プリムスの有り難みに気づいた

こんにちは、アキです。

山を登る皆さんはガスストーブは何を使っていますか?僕はJETBOIL(ジェットボイル)だ。

もともとはPRIMUS(プリムス)を使っていたんだけど、お湯を沸かすスピードが早く燃費の良いジェットボイルへと変えた。僕は基本的にカップ麺しか食べないしね。

そんな僕が最近『山の上で料理をしたい』と無性に考えていて調理器具を揃えていたんだ。いわゆるヤマメシというやつのために。

先日ようやくヤマメシを始めることができたのだけどいろいろと課題が残った。実際に調理をしてみて気づいたことが多かったよ。

ジェットボイルが全てにおいて優れているとは言えなかった。プリムスの有り難みに気づき「買い直すかー」と考えたくらいだ。

僕は “使い分ける” ということを覚えたよ。

というわけでなぜ僕がプリムスの有り難みに気づいたかって理由をまとめます。

JETBOIL(ジェットボイル)の特徴

フラックスリング

一 般的なクッカーの熱効率(30〜40%程度)に比べて、ジェットボイルのクッカーは80%以上の高い熱効率を発揮し、ガスの消費量がおよそ1/2程度。その理由は、クッカーの底に取り付けられている「フラックスリング」。フィン状のリングが、熱損失を最小減に抑えてバーナーの熱を吸収し、小さな火力でも素早く沸騰し、燃費も非常に良好です。

参照 フラックスリングJETBOIL

ジェットボイル最大の特徴といえばコレでしょう。とにかく熱伝導の効率が良い構造のため、お湯を沸かすのが早くて燃費が良い。冬場の寒い場所でも確実にお湯を沸かせられる。

そしてもう一つオール・イン・ワン設計であること。収納の際はガスやバーナーヘッドなどの付属器具が全部クッカーの中に収納できる。これが凄いコンパクトで収まり良い。

コンパクト、軽量、高燃費と優れている。お湯を沸かすのならジェットボイルは最強だ。

スポンサードリンク

ジェットボイルとプリムスの火力の比較

 商品名 出力
JETBOIL フラッシュライト1134kcal/h
JETBOIL ZIP1134kcal/h
JETBOIL PCS FLASH1134kcal/h
JETBOIL MiniMo1512kcal/h
PRIMUS P-1152100kcal/h
PRIMUS P-1533600kcal/h
PRIMUS P-1733800kcal/h

とりあえず定番と呼べるのはプリムスの『P-153 ウルトラバーナー』これ買っとけば間違いない。最小タイプのP-115ですら出力はジェットボイルを大きく上回る。

しかし出力の低さはジェットボイルの特徴だ。この出力でお湯を沸かすのがとても早い。素晴らしい性能だ。

ジェットボイルだとZIPかフラッシュかなー。ただジェットボイルの点火装置はかなり精度が低いのか、標高1500mでも点かなくなるというレビューも見た。最初からライターやマッチを使うのであれば点火装置が付いていない分、多少軽いZIPの方が良い気もする。

ジェットボイルは『湯沸かし専用機』である理由

プリムスに比べて弱い火力で効率良く熱伝導させる構造が逆に弱点になっている。お湯を沸かすことには優れていても調理にはまったく向いていない。どうしても火力の弱さが目立ってしまう。

他クッカーを使えるようにする “ゴトク” は付属しているが「あって無いようなモノ」だと思っていい。そもそもフラックスリングの無い他クッカーを使うのならジェットボイルである必要は皆無だ。

ジェットボイルからも専用のフラックスリングフライパンが販売されているが6800円と高い。そして普通の山用サイズのフライパンよりも遥かにかさ張る。まさに本末転倒である。

JETBOIL(ジェットボイル) フライパン フラックスリングフライパン 1824310

ジェットボイルの性能を活かすにはジェットボイル専用のクッカー類しか使えないのが痛い。

調理にはプリムスが良いと思った理由

とにかく火力があることが最大のメリット。寒い場所でも火力でゴリ押しですわ。風さえ防げれば火力は圧倒的だ。ジェットボイルに他メーカーのフライパンだと全然焼けないの。肉がね。

お湯に関しても燃費は悪いが、湯沸かしスピードは火力でカバーできる。しかし「終電間近にカップ麺を食べたい」って人でもない限りそんなに急いでお湯を沸かす必要ってないんじゃね?って思うわけだよ。

せっかくの山の上、のんびり行きましょうってことで湯沸かしスピードなんて気にしない。湯を沸かしている間に食材を切ったりと他の調理の準備もあるしね。

ジェットボイルでコンパクト、軽量と謳っているが実はプリムスも同じレベルだ。コンパクトで軽量設計であるプリムスストーブに、ジェットボイルと同サイズのクッカーを用意しても大して変わらないことに気づいた。

違いがあるのは熱効率による燃費と湯沸かしスピードくらいだ。調理をするなら断然火力重視のプリムス。

両方を実際に調理に使った感想

普段からジェットボイルは湯沸かし専用として活躍していたが、今回ゴトクを載せてフライパンに変えた途端に頼りない結果に。

薄い肉も中々焼けないの。外が寒いのもあったから、室内に行ったらまあ外よりは焼けたけど。

でもジェットボイルの特徴である『熱伝導の良さ』は皆無だった。専用クッカーではなくて、ゴトクを使って他クッカーやフライパンを使うにはジェットボイルはあまりにも非力だ。

鍋に関しても最初はジェットボイルで火をかけたが、あまりにも煮えなさすぎて相方のプリムス P-153に乗せ換えてしまった。しかもプリムスに変えたらあっという間にグツグツしたよ。

僕が「肉焼きたい!ヤマメシやろう!」と言い出したのにジェットボイルが使い物にならなくて泣いた。

ちなみに僕はジェットボイル ZIPで相方はプリムス P-153を使用している。

カップ麺なら任せてくれ。

豆知識だけどジェットボイルのこの部分にライターを収納できるよ!

モザイクはアレだね。ラブホテルのやつだったからだね。

富士山の日!ほとんどヤマメシ目的で塔ノ岳を登った結果

2017.03.02

まとめ:使い分けることが一番良い

コーヒー、カップ麺、アルファ米などお湯だけで済ませる登山の時はジェットボイルだ。お湯を沸かすのが早く燃費も良い。冬場にも強い。そして片付けた際もコンパクトにまとまるのも良いよね。文字通り湯沸かし専用機としては最強だ。お湯だけで良いって人はこっち。

フライパンを使って何かを炒めたりと調理に使うなら断然プリムスだ。そもそも山の上で調理とかいう時点で「ガス効率」が良くないのは承知。そこは燃費のことなんて忘れてヤマメシを楽しむものだ。火力重視でプリムスの方が良い。

以上がジェットボイルが湯沸かし専用機である理由でした。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。