Leofoto LH-30は登山用雲台のゴールとなり得る

Leofoto LH-30

こんにちは、アキです。

登山用雲台に『Leofoto LH-30』を導入しました。

以前に紹介した登山用の自由雲台の候補には入っていなかった雲台ですが、選んだ理由とか使用感などを紹介します。登山用三脚へ乗せる雲台探しのゴールとなり得る製品です。

↓今まで使用していたのは『ベルボン QHD-G6AS』です。

ベルボン自由雲台

ベルボン自由雲台QHD-G7AS・G6ASの導入と、日本製アルカスイス互換の安心感

 

Leofoto LH-30について

Leofoto LH-30

自由雲台LH-30は中国メーカーLeofoto(レオフォト)の製品。

雲台選びで気にしている主要スペックです。

重量 308g
ボール径 30mm
ベース径 47mm
耐荷重 15kg
フリクション
調整機能

登山用なのでなるべく軽量、固定力のためにボール径は小さすぎない、ベース径は三脚と近いもの、耐荷重は低すぎないことを目安に。フリクション調整機能がないこと以外には、希望スペックの最低条件は超えていると思います。

もちろんアルカスイス互換です。

 

フリクション調整を削って軽量化

Leofoto LH-30とVelbon QHD-G6AS

QHD-G6ASよりもだいぶ小振りな雲台です。ボールサイズは大きければ大きいほど固定力が強いけど、登山用として考慮して30mmならギリギリ許容レベルかな。

フリクション調整機能とかボールサイズなどの無駄を削って軽量化した最低ラインの雲台です。撮影機材がミラーレスで軽量化したので多少は雲台のスペックダウンができるようになったので、軽量化のために少し視野を広げてみることにした。

 

Leofoto LH-30

QHD-G6ASの重量403gに対して、LH-30の重量273gという軽さ。

130gの軽量化です。

(クイックリリースプレート無しの重量です。)

 

トラベラー2型4段にピッタリ

Leofoto-LH-30-01

LH-30はベース径47mmなので、ベース径40mmの『GITZO GT2545T』にピッタリです。頭でっかちだったQHD-G6ASよりも見た目がスッキリしました。

それもそのはずで、LH-30はもともとレオフォト製品の『LS-284CLin+LH-30』のように、28mm脚4段のような軽量三脚とセット販売されている雲台なので、同レベルであるジッツオの2型4段にもピッタリなはずです。(GT2545Tも28mm脚4段)

見た目のバランスも重要。

 

登山で携行してみた感想

Leofoto LH-30

さっそくGT2545Tに乗せて、実際の登山で持ち歩いてみました。

とくに軽くなった気がしません。雲台だけで130gの軽量化は数値上では上出来なんだけど、実際に登山装備の130gの軽量化なんてまったく体感できないというのが現実。

しかし“軽量化”とはチリツモです。カメラのミラーレス化によって雲台や三脚のスペックダウンが可能となったわけなので、1つの軽量化が大きな軽量化へと繋がるのです。

 

撮影に使用してみた感想

Leofoto LH-30と富士山

別メーカーのLプレート『ベルボン BR-ASZ7』は問題なく固定できました。

夜間から明け方にかけての撮影に使用したけど、思っていた以上に固定力が強くて安心。そして雲台操作にはフリクション調整機能がなくても気にならないことが判明した。なぜフリクションにこだわっていたんだろ…。

使用した機材はこの中での組み合わせです。

シャッタスピート30秒程度や、インターバル撮影(タイムラプス)においてボール固定にズレはなかったです。基本的に軽量な組み合わせだったので固定力は十分です。

角型フィルターや望遠レンズなどで重量が増えてきたら、スライドプレート等を使用して雲台の荷重バランスを調整した方が無難ですね。

って思ったんだけどよく考えたら、登山のための軽量化なのでスライドプレートの導入は本末転倒だ…。LH-30よりも固定力のあるQHD-G6ASを使用した方が軽くて済むような気がする。

Velbon BR-ASZ7

Nikon Z 6IIで「ベルボン BR-ASZ7」を使用した感想。日本製アルカスイス互換Lプレート

 

コピー元や類似製品について

そして最後に、LH-30の類似製品について。

やはりと言うべきか、レオフォトはRRSのコピー製品として有名なメーカーです。RRS製品を調べてみるとネーミングまでそっくりな『BH-30』という雲台がありました。

RRSの方がオリジナル製品だろうな。

Leofoto LH-30とKF-28

手元にあったK&F Conceptの『KF-28』という雲台もそっくりでした。ボールサイズが28mmだけど他はほとんど同じ仕様ですね。

レオフォトは中国メーカーの中でも高級路線なだけあって品質の高さを感じられるが、安価なKF-28は比べてみるとかなりチープです。同じコピー製品でも天と地の差があります。

カメラを始めたら1万円クラスの三脚が「はじめの1本」に丁度いいと思う。提供K&F Concept

 

まとめ

レオフォト三脚『LS-323C』を購入したときはピンとこなかったけど、今回購入した雲台は品質が良くてとても好印象です。レオフォトの印象が良くなりました。

中国メーカーと言うと「安価なコピー製品」というイメージだったけど、レオフォトは品質の高さを感じられます。本家のRRSやジッツオよりも安く、他の中国メーカーよりは高級路線で提供するという。絶妙に手を出しやすいメーカーだと思います。

というか三脚は選択肢が多いのに、雲台探しはメーカーが限られてきますね。求めているスペックを探しているとどうしてもレオフォトに辿り着きます。

レオフォトLS-323C

レオフォト三脚 LS-323C の触り心地が嫌いなのでスポンジグリップを取り付けました