ドクターイエロー撮影記Part17 富士山の見えるトンネル出口でスナイプ撮影

こんにちは、アキです。

前回のドクターイエロー撮影の次の検測日も静岡市内からの撮影に挑戦。今回は“静岡市の富士山ドクターイエロー2大撮影スポット”の1つへ訪れてみた。普段なら人気のある撮影スポットは避け気味ですが、仕事明けで移動時間がないので近場を選ばざるを得ない状況だっただけです。

今回の撮影情報
2019年12月16日 ドクターイエロー のぞみ検測 下り

ドクターイエロー撮影記Part17

目的の構図は「トンネルから出てきたドクターイエロー」です。静岡市内からの富士山とドクターイエローの写真を探すと必ず出てくる定番スポットです。僕はこれを前回の「持舟城址公園」と並べて“静岡市ドクターイエロー2大撮影スポット”と呼んでいる。

この地域にはJR東海道本線、JR東海道新幹線、東名高速道路、国道150号線など“交通の大動脈”がちょうど重なる区域なのでトンネルがたくさんある。日本坂トンネル、用宗トンネル、石部トンネルなど新旧入り混じったトンネル密集地帯です。正式名称がハッキリわからないので僕は今回のトンネルを「石部トンネル」と呼ぶことにします。

 

石部踏切という場所でJR本線を撮影。用宗駅を出発し焼津方面へと向かっています。

 

ドクターイエロー石部トンネル

撮影ポイントは東海自然歩道のコース上にあるのですぐに分かる。ちなみにコースは山を超えて焼津方面へと続いています。以前に山梨県の本栖湖近辺で歩道コースを歩いた記憶がありますが、静岡市用宗まで1つの歩道コースが繋がっていると思うと不思議な感じがする。

 

ドクターイエロー石部トンネル

富士山を目的にしたカメラマンとしては、まずは富士山が見えていないことには撮影する意味がないのです。この日は雲の少ないすっきりとした青空の下、富士山がくっきりと望めた。すぐ溶けてしまう静岡側にしては冠雪が多めに残っていて悪くはない。まさにドクターイエロー日和。

 

ドクターイエロー石部トンネル

ドクターイエローは“下り”を狙っているので、トンネルから急に出てくるという撮影条件になる。この撮影スポットはトンネルから目が離せない。上りならトンネルに入っていくケツを狙えばいいからまだ撮影しやすい。

ちなみに先客カメラマンさん達と話が弾んだが、新幹線の新型車両「N700S」も同日13時頃に通過することを教えて頂いた。(車両には興味がないとは言えなかった)

 

ドクターイエロー

静岡駅の通過時刻から1〜3分と見てトンネル出口に集中していると、ドクターイエローがヒョコッと現れる。意外と音が聞こえないので本当に急に出てきます。望遠でドアップで切り抜きたい場合はタイミングがかなりシビアじゃないでしょうか。気分はスナイパー。

 

ドクターイエロー石部トンネル

出てくる瞬間を待つのがドキドキしますが、ドクターイエロー撮影としては引き写真なのでそれほど難しいことはなかった。12月中旬だというのに温暖な静岡市の山では緑がいまだ綺麗。富士山には雲1つかからず、過去1のベストシチュでドクターイエロー撮影ができたかな。

画角は70mmくらい。広角で撮影するような被写体ではないので24-70mmのテレ端で撮影するよりは、70−200mmのワイド端で撮影していた方がなにかと捗ると思います。

 

2大撮影スポットのデメリット

静岡市2大撮影スポットである「持舟城址公園」「石部トンネル出口」でドクターイエロー撮影をしてみて、あるデメリットに気が付いたので紹介します。潔癖症カメラマンにはおすすめできない撮影スポットとなるでしょう。

今回の「石部トンネル出口」のドクターイエローをトリミングしてみたけど、お気づきでしょうか?

 

屋根上がすっげーきたねぇ!

 

そうなんです。これらの撮影スポットは車両を上から撮影する形になるので、どうしても汚い屋根上が多く映り込んでイエローな面積が減ってしまう。むしろ茶色く汚れた車体は地面と同化している。ドクターイエローにそんなカモフラージュ性能が必要なのだろうか。

 

新幹線

もちろん白い新幹線も屋根上が黒く汚れています。どす黒いです。高圧洗浄機をブワーっとかけたくなるよ。汚れるのがわかってるなら、はじめから上部分はブラックにしてツートンカラーにしてしまえばいいのに。

※イメージ

 

新幹線

しかし観察していると、数本に1本はすっごい綺麗な車体もあります。新幹線撮影が目的のカメラマンはこれを見逃さないようにずっとチェックしていないといけない。タイミングが不明なので、ある意味ドクターイエローより面倒くさいかもしれない。

 

持舟城跡公園でドクターイエロー

もう一つの「持舟城阯公園」からのドクターイエローも屋根上が目立つ構図です。すれ違いの瞬間なのに、上り車線の新幹線に関しては完全に地面と同化している。

 

静岡市2大撮影スポットのデメリット
ドクターイエローの屋根上が汚くて微妙な構図になる。白い新幹線に関しては、当たりはずれがあるので撮影タイミングが難しいかもしれない。その辺を気にしないなら良い撮影スポットです。

 

ABOUTこの記事を書いた人

インドア派だけど富士山写真と登山をエンジョイしている人。主に富士山撮影を目的とする登山が好き。撮影記録や登山日記、関連した情報を発信しています。誰かしらの参考にでも慣れば幸いです。静岡在住。

お問い合わせはこちら