年間365kmという今年のゆるいランニング目標の達成と、2021年の目標距離について

ワークマンMOVE ACTIVEシリーズ

こんにちは、アキです。

健康維持や運動不足の解消などの目的で定期ランニングをしているのですが、今年の目標距離であった『1年間で365km』というゆるーい目標に到達していたので、来年は少し目標距離を増やそうかなという話です。

ランニングについてはガチ勢ではないのでご了承をお願いします。ゆるランです。

2020年のランニング距離

インスタではランニング記録を残すだけのアカウント(@aki_run_log)を作り、かれこれ2年間ほどログの投稿を続けています。誰にでも確認できる場所で習慣化することでサボりにくくしたり、継続するモチベーションにでもなるかなと思っています。

そんなランニング記録の投稿ですが、今年2月上旬辺りでキャプションで1年間の目標距離をゆるーく設定していました。走りたいときに走っていれば適当に達成するだろうという距離です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

あきラン(@aki_run_log)がシェアした投稿

1年間で365kmというのは、安易に1日1kmということです。

ランニングをする際は必ず「ナイキプラスラン」というiPhoneアプリでログを残すようにしています。投稿用ログでもありますが、ランニング時の様々なデータ(平均ペース、消費カロリー等)を分析できるし、イヤホンをしていれば走っている最中の音声サポート機能もありがたい。(1km毎にタイム等を教えてくれる)

NIKE+RunClub

ランニングアプリ NIKE+RunClub で走るのが楽しくなった話

このナイキプラスランで月間や年間の走行距離が確認できるので便利。

2020年ランニング距離合計
  • 1月 34.63km(6ラン)
  • 2月 44.52km(6ラン)
  • 3月 32.59km(6ラン)
  • 4月 55.04km(9ラン)
  • 5月 79.36km(10ラン)
  • 6月 37.40km(5ラン)
  • 7月 12.27km(1ラン)
  • 8月 12.09km(1ラン)
  • 9月 27.55km(3ラン)
  • 10月 7.83km(1ラン)
  • 11月 33.18km(4ラン)
  • 12月 24.2km(3ラン)

 

年間合計 400.7km(55ラン)※12月14日現在

月間平均 約33.4km(約4.8ラン)

昨日(12月14日)のランにて400kmを突破しました。

ゆるい目標とは言っても達成したのが12月なのでギリギリでもあるのが事実。そして「走りたいときに走る」という気ままなスタンスなので、月間の距離や回数のバラツキが酷い。

最も多く走ったのが5月の10ラン79.36kmですが、緊急事態宣言や外出自粛要請などで出かけることも遊ぶこともできない中で、ランニングをして心身をリフレッシュしていました。

最も少ないのは10月の1ラン7.83kmです。秋季登山の準備で頭がいっぱいでランニングどころではなかったという気ままっぷりです。

年間という以前に“月間の目標距離”を決めてしまえば毎月バランス良く走れそうな気がするので、その辺りを考慮して来年の目標を立てようと思います。

 

2021年の目標距離について

今年のラン記録を参考にしつつ電卓をポチポチして目標距離を決めました。

2021年のランニング目標距離
  • 年間合計 600km以上
  • 月間平均 50km以上

今の定番コースが8km強なので、月間6ラン(約50km)を走れば目標を達成できる計算。

月間50kmと聞くとハードルの低い目標距離かもしれないけど、年間365kmに比べたらそこそこ増やしてるでしょ。どうせ夏は暑くて回数が減ったり、登山に夢中なシーズンも回数は減ったりするから、他の月で頑張って距離を稼いだりとなんやかんや苦労すると思う。

気ままにランニングしていて年間400kmだったので、これからは距離や回数を意識しないと600kmを達成することはできないので少し気を引き締めようと思います。

ここまで書いてランニングの月間走行距離についてググってみると、フルマラソンを目指す場合、サブ4なら月間150km、サブ3なら月間250kmが目安なんだそうです。(フルマラソンなんて考えたこともないので関係ないですけどね)

 

ランニング装備の話

シューズは相変わらずワークマンですが、まったく足を痛めることなく走れています。タイムを競ったり、レースに出場するようなケースでもないならワークマンで十分です。

今年はワークマンからも「ハイバウンス」という流行りの厚底シューズが登場したけど、個人的には980円の「アスレシューズライト」の方が走りやすいと感じています。ハイバウンスは厚底のクッションが強くて促進力が殺されている気がする。

健康維持だとか、ダイエット目的の場合はウェアもシューズもワークマンでよし。

安いは正義。

あと今年はApple Watchを購入しました。それまではiPhoneを携行するためにポーチが必須だったけど、腕につけたApple Watchだけでログ記録しながら音楽も聞けてしまいます。マジで神アイテム。

ランニング時のマスクはバフやモンベルマスクなども試しましたがピッタマスクに落ち着いています。

2021年もワークマン、Apple Watch、ピッタマスクというスタイルは継続していくと思います。

 

Apple Watch SEを登山とランニングに使ってみた感想と、一緒に購入しておきたいアイテム

走りながら水分補給するためにボトル付きランニングポーチを購入。SALOMON SENSIBELT

アスレシューズハイバウンス!ワークマンから厚底ソールの登場でランニングが捗るか

3種類のマスクを装着してランニングしてみた感想。ワークマン ネックゲイター、ピッタマスク、不織布マスク

ワークマンアスレシューズライト

980円のワークマン アスレシューズライトで、ランニング200km突破したので追加購入した話

ワークマンMOVE ACTIVE

ワークマンのサポートタイツがコスパ抜群なので登山とランニング用に購入しました

キャタピラン

結ばない靴紐キャタピラン!ランニングシューズの靴紐を取り替えてみた